ガンに  遠赤外線温熱治療

癌細胞は温熱でも死滅します。


ようこそ !!

       遠赤外線温熱療法へ

ガンと告知されたら、遠赤外線温熱療法も視野に入れてみて下さい。

ガンと闘う場合は、普通の癌センターにお任せしないで、色々な情報の中からご自分に合った方法を選ばれることをお勧めします。

ですからこの際、右メニューの上方に有る「ガン がん 癌」・「医師のリンパ球療法」・「腰痛ガン温熱治療」にもお目通し頂きたいのです。

ガンから生還するのに、抗癌剤は要らないのです。

一番大事なものは免疫力ですから、高免疫力にする事を優先致しましょう。

それは在宅でも出来ますし、色々な治療法の専門医もいる事ですから、一度相談されたら宜しいかと思います。


私共がご紹介するクリニックは、温熱治療を行いませんが、免疫力だけは確実に大きく高揚されますから、ご希望の方には『●●●●クリニック』をご紹介しております。

そこは、末期ガンの生還率が85%です。


一方、温熱治療に力を入れている病院も沢山ございます。

癌細胞は熱に弱く、NK細胞の攻撃でも瞬時に破壊されるため、上手く弱点を衝けば短期で勝利する事が可能なのです。

すでに、私共の高度究極療法で、末期から生還された人は沢山おりますから、あなたも勝利出来る可能性はあります。

手術嫌い・抗癌剤や放射線嫌いの方には、是非、生還率の高い高度究極療法(民間療法)もお薦めいたします。


高度究極療法は、

●遠赤外線温熱治療や高電位療法を主にします。

●低体温症が正常になるようにしむけます。

●腸内環境を正常化させます。

●血液や胸腺機能が正常化するようにします。

●ミネラルや核酸不足にならないようアドバイスします。

●補助食品に「氣」を注入します。(パワー注入と言います。)

ここまで読んでみて、如何でしたか。

こんなにも色々項目があったら、民間療法は受け入れられないと思いましたか。

実際に闘う時は、出来る範囲から実行してみて下さい。

色々省いても勝利した方はおりますので、無理のない範囲で始める事をお勧めします。

何を武器にしたら良いか、ご自分で考えると同時にご相談ください。

更に繰り返しますが、ガンから生還したい方は、民間の高度究極療法や弊社ご紹介の活性化自己免疫リンパ球療法で闘いましょう。

そのためにも、メニュー上方にある「ガン がん 癌」「医師のリンパ球療法」「末期癌から生還出来る」「セラピー・アルファ」「腰痛ガン温熱療法」にもじっくりお目通し頂きたいと思います。

以下は、第二部へ。





ガンに 遠赤外線温熱治療 第二部

ガンは怖くない。



さて、遠赤外線温熱治療器についてですが、

種類が多く世の中に数え切れないくらい出回っておりますから、

経験ない方はどれを選んだら良いか迷うと思います。

人によって好みが違いますので一口に言えませんが、

私共で推奨できるものはたったの三つだけです。

一つ目は、医療用具承認済み「メディックAT9000MC」です。

この治療器は、寝ながら長時間使えるのが特徴です。

しかも、体質改善に繋がる高圧電子が浴びられます。

更に、通電マットが柔らかいので、大変使いやすいのです。


二番目にお勧めは、全身温浴が出来る装置です。

こちらも身体を横にして使えるため、心臓に負担がかかり難く長時間使っても疲れにくいため、
治療用に使っているクリニックが沢山ございます。

但し、本体が重いため、若干の使いにくさがありますからお気をつけください。


三番目も同じく、寝ながら全身温浴が出来るものでアメリカ製がございます。

このマットは、上下一組で体を挟み全身を加温します。
そのまま適温にして一晩中(一日中)治療できるのが特徴です。

俗に宝石温浴マットと申しますが、他の類似品に比べると高級材料が使われているため、決して安価とは言えません。

肝腎要の材料は、アメシスト・メノウ・ブラックトルマリン・麦飯石等の微粉末が使われているため、

遠赤外線温熱の放射角度がランダムで、表皮より15p奥まで深達するのが特長です。

勿論、厚生労働省認可医療用具承認済みです。

すでに先進的な医療機関に導入され、末期ガン治療に使われております。

以上の遠赤外線温熱治療器は、昼夜使い続けても弊害がないのですが、睡眠に入る時は低温になるようスイッチ切換えして下さい。

どれも、在宅治療の際は最適な治療器です。


身体は、体温が上がれば確実に免疫力が上がります。

だから、当然健康に役立つわけですが、末期ガンから生還を目指す方は、温熱だけに頼らないようにお願いします。

補助食品を併用する事で、一段と体質改善が進みやすくなりますので、出来るだけ色々組ませるようにしてください。

参考までに書いておきますが、中には昼夜に渡って遠赤外線温熱をかけ、免疫食品を併用しながら四期の前立腺がんを完治させた方がおります。

この方は埼玉県大宮市在住で、暇さえあれば自宅でアメリカ製を使用し、車を運転中も必ず使っておりました。

この方のように、真剣に闘えば生還しやすくなるのです。

末期癌の場合は、間違っても西洋医学の名医に任せっきりにしない事が大切です。

なお、お勧めの温熱療法は、副作用らしいものはないのですが、喉が渇きやすいので水分補給だけは忘れないようにお願いします。

実際に使う時は、さらに詳細説明いたしますから心配無用です。

ちなみに、ガン細胞はわずか39.3℃で死滅するそうです。

42°以上なら20分で熱死に至るらしいです。

だから、お困りの方は、遠赤外線温熱療法を取り入れてみた方がいいのではないでしょうか。