肝臓癌 : 究極療法による治し方

根本的に体質改善して治しました。

      
 肝臓がん・肝硬変・ウイルス性肝炎

私共のお客様の中には、一昔前からメディック療法で肝臓病を治した方が数百人以上おります。

その中には肝臓癌まで治した人がいて、その後も継続している人達は未だに再発してないのです。

多分、メディック治療器のお蔭で、正常な血液と自律神経を維持されているものと思われます。

なお、近年は改善法が進化し、末期肝臓癌の生還率は98%で60歳未満の完治率は80%になっております。

したがって、癌の中でも最も治りやすい病気であると言えます。

※ちなみに、完治とは癌腫瘍が完全に消えたという事です。

なぜ急に進化したかと申しますと、良き補助食品が開発されたお蔭です。

温熱治療と電位治療+免疫高揚食品+氣のパワー=生還率98%
(70代以上の場合、三割が完治すると見ていいでしょう)

●高圧電子は、余分な活性酸素を中和する。
●補助食品は免疫力を高める。
●温熱治療で癌細胞が死滅するらしい。
●宇宙エネルギー(氣)の併用で、細胞の活力が増す。

その結果、本格的に回復が始まる訳です。

詳しくは、治療のプロ企業にご相談下さい。


【以下は、誤解なきよう書いておきます。】
●単なる電気治療器使用と素人療法は危険です。

●メディックを、上手に使いこなす事が大切です。

●やたらに良いと言われたものを飲んでも、簡単に免疫力は上がりません。

なお、究極療法は生還を保証するものでは有りませんが、

免疫力を確実に高揚させ良い方向に導きますから、

困っている方は取り上げてみて下さい。

副作用は一切ありません。

【在宅治療で、ガンと闘うために究極療法】

未経験者には理解し難いと思いますが、良く考えれば解りますから、先ずは外の資料等も読んでみて下さい。

以下は、良くなった体験者のご紹介です。

茨城県 男性(65歳)S・N様は、長年C型肝炎で悩まされておりました。

慢性化すると肝臓癌になりやすいと言われたとおり、

60歳の時肝臓癌になってしまいました。

その時、縁有って究極療法が始まり、

たったの一ヶ月で効果が感じられ、

その後一進一退を繰り返しながらも回復が進み、

現在はウイルス反応もなく、CT検査の結果も良好ですから、何れ完治する事は間違いありません。