低体温症はガンになり易い。

低体温症は脳幹の機能低下が原因です。


弊社推奨の究極療法なら、
全ての人の低体温体質が治せます。

商品そのものの働きもありますが、
パワー「氣」の注入効果と脳幹を鍛える運動です。

鍛え方については別途説明いたします。


体温が上がると寒さに強くなります。

疲れを感じ難くなります。

健康体になった事を感じ取れます。


参考までに、

体温と基礎代謝・免疫の関係を書くことにしました。


【右上の写真はアルティメットソリュウジョン】

 ※低体温改善に関係が有ります。


●さて、体温が1℃上がると、

免疫力は30%以上・基礎代謝は12%上がるそうです。

結果として風邪を引き難くなり、

体脂肪が燃焼しやすくなるので痩せやすくなるのです。

新陳代謝が活発になり、

全身が若返り免疫力が上がってゆくのです。


一時的にお小水の量が増える。

「フケ」が出やすくなる等ありますが、

自律神経が調整され血流が改善されたからなのです。

その頃から細胞中にミトコンドリアが増え始め、

正常体温へと変わってまいります。

36.5℃以上になれば一安心できますが、

これでも癌にならない補償はありません。

高免疫力にするには外も無視できないのです。



●【平熱が低体温だとどうなるの?】
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
適正体温の人は、

内臓の働きが活発で基礎代謝や免疫力が高く、

自律神経の働きやホルモンバランスが整っています。

一方、低体温の人は不定愁訴が沢山現れるので、

薬に頼り易く副作用で病気になり易くなるのです。

だから、薬は出来るだけ飲まないほうがお得です。

もし、風邪で高熱が出ても薬で下げるべきでは有りません。

発熱した時は、白血球が外敵や異物を攻撃している時ですから、

解熱剤や氷枕など使わないほうがいいのです。

ちなみに体温が上がると高免疫状態になり、

ガン細胞やウイルスに対抗出来る体力になっていますから、

健康になれる絶好のチャンスなんです。


但し、肺炎や脳膜炎にならないように気をつけてください。


【理想的体温36.5℃前後】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
生命活動が最も活発になる体温で、

内臓などの活動を支える酵素の働きを活性化させ、

細胞の新陳代謝を活発にしてくれます。


酵素の働きは、体温が1℃下がると50%低下します。

正常体温なら、免疫力も高く健康を保つのに理想の状態です。


【低体温36.2℃以下】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
新陳代謝が不活発になり、

排泄機能も低下して、むくみや便秘・肥満が起こりやすくなります。

自律神経失調症やホルモンバランスの乱れ、

アレルギーなども誘発されます。

※ガン細胞は35.5℃の状態を最も好むと言われていますから、

癌予防のためにも正常体温にしなくてはなりません。

そのために役立つものは、

ソマチット含有の真空カルシウム。

アルティメットソリュージョン。

脳を改善する○○○○○○○。

脳幹を鍛える運動器具。

※上記は弊社にご注文ください。



【危険性の高い低体温34.5℃以下】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
体温が34.0度になると、

自分で自分の体が思うように動かせない状態になります。

これは海難救助で、生命回復が出来るか判別する体温。

さらに33℃になると、幻覚が出てくるらしい。

以上、何か参考になればと思い書いてみました。