乳癌治療薬

乳癌治療薬でガンが進行した。

朝日新聞記事より抜粋

乳癌治療薬
タモキシフェン(DNAを損傷し子宮ガンのリスク)
乳癌治療薬として多用されている「タモキシフェン」が、細胞内のDNA「デオキシリボ核酸」を損傷する事を、京都大大学院医学研究科の武田俊一教授(分子生物学)らのチームが確認した。

平成16年5月1日付けの、米ガン学会雑誌で発表する。

タモキシフェンは、子宮ガンの発生率を高める副作用が知られており、その仕組みの解明が進めば、より安全な治療薬の開発につながると期待されている。


武田教授らは、遺伝子を操作したニワトリの細胞を使い、DNAの損傷を高感度で検出できる新技術を開発。

タモキシフェンによって、従来は検出不能だった微細な損傷が発生し、細胞がガン化しやすい状態になる事を突きとめた。

タモキシフェンは、乳癌や卵巣ガンの悪化に繋がる女性ホルモンの働きを抑制する。

子宮ガンの発生率が4倍に高まるが、その仕組みは不明だった。

との事ですから、やたらに癌センターにお世話になれませんね。

癌になったら根本療法で闘いましょう。

初期なら簡単に治りますし、末期でも殆どが生還出来るのです。