PET検査

米粒大の腫瘍も見逃さない。

●依然として癌が増加中で、60代以上は二人に1人が癌で亡くなっています。

今後も確実に増えて行きますので、身体強健な方でも自信過剰にならないようにしてください。

また、普段不健康な方ほど免疫力が低いですから、出来るだけ小まめに検査されたほうが良いと思います。

ただし、レントゲン検査は癌を誘発させるらしいので、悪影響の無いPET検査をされた方がいいですよ。

CT検査も有害だそうです。
CTで肺全体を検査すると、レントゲン検査一回の200倍被曝するので、とある医師はCT検査はガンの原因になると言っているのです。

だから、低副作用のPET検査がいいのです。

この検査法は、癌細胞が大好きな薬剤(主成分はブドウ糖)を注入した後に像影検査するもので、全身の癌検査が可能で進行具合・良性・悪性などの見極めがされやすく、正確な診断が可能と言われていますし、比較的副作用が少ないそうです。

但し、検査料が一回約15万円です。

その代わり、小さな腫瘍も見落とし難くなったようですから、手遅れ状態で発見される方が減るかもしれません。

ところで検査の結果、ガンが見つかり西洋医学で治したとします。

そのあと安心していてはいけません。

体質を変えない限り再発しやすいですから、予防のために必ず高免疫力を維持させましょう。

その為には食物をはじめ、運動・薬・ストレス・その外、活性酸素の基になるあらゆるものに気をつけなくてはなりません。

出来たら「ガンの最先端免疫療法」にお目通しし、気が向いた方はレポートをご注文ください。

レポート内にはガンと闘いの際、強力な武器になる情報が書かれています。

特に、ステージWからの生還希望者には、是非読んで頂きたいと思います。

ちなみに、ヘルストロンや巷に溢れている健康法では生還が無理ですから、何処かで誰かに勧められても鵜呑みにしないようにし、末期ガンでしたら必ず弊社にご相談ください。