タバコの体内反応はダイオキシンと同じ。

山梨大医工学総合研究部がマウスで実験

朝日新聞 7月14日 朝刊より抜粋。

タバコを吸うと、猛毒ダイオキシンが大量に体内に入った時と同じ反応が細胞内で起こるーー。

こんな報告を、山梨大医学工学総合研究部の北村正敬教授(分子情報伝達学)らが、米学術誌「キャンサー・リサーチ」15日号に発表する。

ダイオキシンは人の体内に入ると、細胞にある受容体(カギ穴)にカギが入るように結びついて細胞を活性化させ、毒性を発揮する。

北村さんらは、タバコの煙とこのダイオキシンの受容体とのかかわりに着目。

市販されているタバコ一本分の煙を溶かした溶液を使い、マウスの細胞の反応を調べた。

国の基準の164〜656倍のダイオキシンが受容体に結びついた状態にあたる活性が見られ、タール量が多いと活性も高くなる傾向がでた。

さらに、受容体に結合すると血中に特殊な酵素が出るように遺伝子を操作したマウスに、タバコの煙を吸わせると、24時間後に酵素の量が約5倍に増えた。

北村さんは、「タバコと拘わっていると見られる発ガンや妊娠異常等はダイオキシンの健康被害と似ており、同じメカニズムが関与している可能性がある」と話したようです。