肺ガン の 究極療法 

初期から末期まで、お気軽にご相談下さい。


肺癌でお困りの方は、

出来るだけ多くのメニューにお目通しください。


日本では1981年にガンが死因のトップになり、

その後も順位の入れ替わる気配が全く感じられません。


厚生労働省人口動態統計調査結果では、

2006年の死亡者1,084,012人のうち

325,885人(30.1%)が癌で亡くなっております。

それから二年後(平成20年)は、

342,840人に膨れ上がりました。


男性で一番多いのが肺癌で206,278人。

女性で一番多いのが大腸癌で136,562人。

最近は小児ガンも大分増えて参りました。


そして日本は、

その後も毎年二万人くらいガン死者が増えており、

平成25年には40万人を超えてしまったようです。
(末期でも、肺炎等で無くなった人は含まず)


ところが、アメリカ・フランス・イギリス等は、

既に毎年減少しているらしいのです。


その減少理由として、

高機能性食品や食品添加物の利用状況が上げれます。

 特にアメリカは、早くからトランス脂肪酸入り食品販売を禁止し、

 他の食品添加物も厳しく取り締まって癌を減らしてきたようです。
 
 
 その後も毎年癌死者が減少しているようですから、

 日本もそっくりそのまま真似た方がいいのかもしれません。

 個人的には発がん性物質を体内に入れないように出来たらいいでしょう。

 企業や国にも事情が有るようですから、

 自分の健康は自分で守るように致しましょう。


 今は、体に良い健康食品が沢山ありますから、

 健康維持増進のためにお金を遣う事をお勧め致します。


 皆が予防に専念しない場合は、

 有名医師の予言通り癌死者が増える一方となってしまいます。



 【以下は、医学迷信を信じている方の為に書いておきます。】

 確かに検査法が進歩し、

 米粒大の腫瘍やスキル性の癌も発見出来るようになったようですし、

 マンモグラフィの場合は、

 数ミリの腫瘍まで発見できるそうですから、

 早期発見で助かる人が増えているのですが、

 運が悪いと検査漏れがあるようで、

 一年後には末期癌と告知される事があるようですから油断できません。


 西洋医学は末期ガンを治せないし、

 手術に成功してもいつ再発するかも解りません。

 だから、ガンにならないように予防するのが一番いいのです。

 万が一癌になってしまったら、

 免疫力を上げて癌細胞と闘いましょう。

 
 
 そして、癌になるとよく検査をされますが、

 CT検査で被爆量が多くなると

 癌になりやすくなると言われていますから気を付けて下さい。

 一回の検査で放射線許容量を超えてしまい、

 ガンになりやすくなってしまうんだそうです。


 大事な事は予防です。

 特に、中年以降はガンになりやすいので、

 免疫力を上げる努力を致しましょう。


 【以下に西洋医学の欠点を書いてみました】

 ●抗癌剤を、

 一部の医師は癌細胞の増殖剤だと言っておりますが、

 アメリカでは抗癌剤を、

 細胞分裂阻害剤と呼称しているらしいです。

 ●そして、放射線や手術は免疫力を低下させると言われています。

 ●CTで胸部を一回検査すると、

 胃のレントゲン検査の200倍ほど被曝するそうです。

 (恐ろしさを感じる数字ですね。)

 その事について、具体的に書かれた本が

 船瀬俊介さん著『抗癌剤で殺される』です。

 その中に、

 抗癌剤で年間25万人が殺されていると書かれていますが、

 現在は当時の50%くらいは増えているかもしれません。

 無事の生還を望む方は、

 一刻も早く本を取寄せ助かる術を身につけてください。

 勝てる武器を持って闘えば、

 末期ガンでも無事生還出来る時代が来ているのです。


 ガンから生還するには、

 【飲食出来るうちがチャンスです。】



 【ご自分に合った武器を持って闘いましょう。】

 それから弊社には、

 ガンと闘う時に役立つものが多数用意してございますので、

 お困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

    ●遠赤外線温熱治療器各種。

    ●新発明された「セラピーアルファ」

    ●ラフィノース100

    ●NK細胞と同じ働きをする成分含有食品
    ●高純度核酸入り食品。

    ●その他いろいろ。

  ※ 一番のお勧めは、植物由来の○○○です。

【生還希望者には、全力でサポートいたします。】