慢性膵炎 (体験者)

血液・血流・ミネラル・栄養バランスが関係!!


※ 右の紫イペは、千島クマササと濃縮イペエキス入りでお得商品です。

======================

西洋医学では、

慢性膵炎の治療法として対症療法が行なわれているため、

患者は一進一退の繰り返しで一人も完治した例がないようです。

一方、漢方や民間療法は、原因を取り除く根本療法を行いますので、

短期で完治する方が沢山出るのです。


私がオーリングテストで病気の原因を確かめてみると、

酸性血液が主で次はミネラル不足であると知らされます。

だから皆様には、高電位治療器と補助食品をお勧めする事にしています。

中には、高電位治療器だけで治った方がおりますが、

完治と思われるまで数年掛かっていますから、

本当に治りにくい病気です。


また中には、補助食品を併用しながら治した方がおりますが、

こちらの人達は比較的短期で痛みが取れ、

毎日元気に過ごせるようになっております。


外には、回復後に油断していたら膵臓癌になった方がおりましたが、

その後究極療法で癌が消え現在も元気に過ごしております。


その方と平成23年2月10日に電話で話し、

健在であることは確認済みです。


今のところ効果率は100%ですから、

慢性膵炎は左程難しい病気ではないと思います。


病気を治すには、

新陳代謝を活発にし膵臓細胞の入れ替えが必要ですから、

特に沢山のミネラルや核酸摂取が必要になる訳です。

栄養バランスのいい食事だけに頼らず、

治したい方は弊社お勧めの補助食品を必ず食べるように致しましょう。

あわせて、温める事も大事ですから、

出来るだけ患部に遠赤外線温熱を照射して下さい。

その時役立つものは、

遠赤外線温熱治療と高圧電子治療が出来るメディックAT9000です。

膵臓辺りを暖めながら電子を通す。

そして、栄養補助食品を併用する。

必ず短期で良い結果に繋がりますから、

お困りの方は試してみてください。


上手くすると、一ヶ月くらいで患部の激痛が無くなります。

ある女性は慢性で10年以上も病院通いを続けていたのですが、

究極療法開始2ヶ月くらいで調子いいですと言える所まで回復しました。

その後も究極療法を続けた結果、

病院の検査結果が次第に良くなり、

約三年半でほとんどの薬が要らなくなりました。


そして現在は完治したようで、

毎日健やかに過ごしているようです。


私どもでの体験例は数が少ないですが、

全国では民間療法で治った方が数千人以上いるのではないでしょうか。

詳しくお知りになりたい方は、お気軽にお問い合わせ下さい。