野菜沢山食べても大腸癌予防ならず!!

読売新聞記事抜粋

以下は、読売新聞記事より抜粋したものです。

野菜や果物をたくさん食べても、大腸癌の予防につながらない事が、厚生労働省研究班の坪野吉孝・東北大教授(疫学)らによる男女約9万人の追跡調査で明らかになった。

日本では、近年大腸癌が急増。

大腸癌予防には、野菜の摂取が重要と言われていたが、この”常識”を覆す内容だ。

成果は、9日付けの英国の癌専門誌に掲載された。

調査は、1900年以来、全国の40〜69歳の男女を対象に食事や喫煙などの生活習慣に関するアンケートを実施し、約10年間追跡した。

この間、705人が大腸癌になった。

研究では、9万人を野菜や果物の摂取量別にそれぞれ4グループにわけ、大腸癌の発生率と比較した。

その結果、野菜でも果物でも、最も良く食べるグループとの間で、大腸がんの発生率に差はなかった。

同研究班は、これまで胃癌については野菜・果物の予防効果を確認しており、野菜や果物の摂取が奨励すべき生活習慣であることに変わりは無いと言う。

※確かに緑葉野菜や野草などには、

抗酸化物質が含まれていますから役立ちますが、

加熱した場合は効力が激減しますので、

出来るだけ生で沢山食べましょう。


もし、少々出費が増えてもいいと思われる方には、

高機能で抗酸化作用が強い「益智源」や「サプレマシーソリュウション」をお勧めいたします。


「益智源」は、特許取得済みの超優れものです。
「サプレマシーソリュウション」は、米国製。