骨セメントで36人死亡

読売新聞8/26記事より抜粋

リウマチや骨折の治療などで、体内に埋め込んだ人工関節を固定する「骨セメント」注入後に、患者がショック症状を起こして死亡するケースが、2001年度から先月末までの4年余りの間に、計36人発生している事が厚生労働省の調べで25日にわかった。

同省によると、41人が急激な血圧低下などのショック症状を起こし、うち36人が死亡した。

死亡した27人を含む32人を解析したところ、特に注意を要する心疾患の既往歴が有る患者に使われているケースが12例あった。

また、副作用に素早く対応する麻酔医が不在のまま使用している例が4例有った。

骨セメントが原因とみられる死亡がは、1990年度以降報告され、96年度から2000年度には、計30人が死亡している。

同省は、医療機関に対し、過去3回に渡って「安全性情報」を出し、注意を呼びかけて来たが、医療現場では軽視されて来た実体が浮き彫りになった形だ。

事態を重く見た同省は、再度注意を呼びかける事になった。

ただし、使用実績から見れば、死亡例の頻度数は低い事になると見ている。