子宮筋腫の22%はガンになる。

低体温症の改善と核酸食で異常細胞が増えないように致しましよう。


ようこそ!!

子宮筋腫は、正常なDNAを持たない細胞が増殖し腫瘍を形成したもので、性質が若干ガンに似ているようです。

だから、自然治癒力は異物とみなし、絶えず攻撃隊を送り続けています。

ところが、相手は常に増殖を続ける生命体であるため、

弱ったNK細胞では消滅させられず筋腫となってしまうのです。

本来、癌細胞なら瞬時に破壊できるNK細胞なのに、

胸腺が退化すると攻撃力が弱まってしまいますので、

できたら予防と改善のために、「●●ICクリニック開発の補助食品」を飲まれるといいのです。


又は、高純度核酸含有食品を一定の目安量摂取するといいでしょう。

なぜ核酸をお勧めするかと言うと、加齢とともに肝臓での合成量が減少し、

異常細胞が発生しやすくなるからです。

30代で一日当たり平均500mg以上の不足。

60代では800〜1000mgくらい不足しています。


だから、出来るだけ高純度核酸含有サプリメント「核酸Cゴールド」で補充し、子宮癌予防に心掛けて頂きたいと思います。

なお、子宮癌も前立腺癌と同じく、腰椎や仙骨が関係しておりますので、
日本一の整体師に骨格調整してもらった方が「アッと言う間」早く治るのでお得です。


ところで、筋腫細胞は子宮癌より消え難い細胞ですから、

根気よく体質改善を続けなくてはなりません。


体質が良くなり攻撃隊が活発に行動すれば、

良性・悪性に関わらず必ず成長が止まり縮小するのです。

出来るだけ手術を受けずに健康維持して下さい。


実際、自然に筋腫が小さくなった話を誰でも聞いた事が有るでしょう。

このような現象は、閉経後又はストレスが減少した方に多く見かけるようですが、

活性酸素との関係が大いにあるようですから、お勧めの抗酸化食品の摂取もいいですよ。


※なぜ縮小するか。

●精神的・肉体的ストレスが大いに関係しています。

●胸腺機能が回復すると、NK細胞が活発に破壊工作をするから。

●健康食品の効果。


ところで、腫瘍が大きくなると、血行障害から癌腫瘍へと発展する事がありますし、

次第に内臓や神経・血管などの圧迫現象が起り、

激しい痛みや様々な自覚症状が現れる様になってしまいます。

その外、便秘症や異常出血・腰痛や冷え性・貧血や疲労感・

倦怠感や生理痛などが起るようになり、

長期に渡って悩まされるようになります。


それでも究極療法なら、殆どの方の進行が短期で止まり、

縮小現象が起こり様々な不定愁訴に効果が現れますから試されたら宜しいかと思います。

そして、一年半くらいで筋腫が柔らかくなります。

※何か、良いものをお探しの方や、手術を受けたくない方はご相談ください。


【核酸に付いて】
核酸研究でノーベル賞を受賞した博士によると、

良悪両腫瘍とも、核酸「DNA・RNA」不足が原因で起こるとの事ですので、

弊社では高純度核酸入り食品をお薦めしています。
(そしてパワー注入)

外には、下記の中からオーリングテストで選択しお勧めします。

「胸腺ペプチド因子」・「超ミネラル水」・「植物由来ミネラル」・「液体ゼオライト」・「メディックAT9000」等。

お困りの方は、お勧めの補助食品を併用して高免疫力にして下さい。


参考までに、一番有利な方法は、!!

※高電位治療器+補助食品+氣のパワー = 快調。(一ヶ月以内で生理痛が気にならなくなります)

※多くを併用するほど効果的となります。

※高電位治療器「メディックAT9000MC」はレンタルでお験し頂けます。

※早い方は、一ヶ月以内でハッキリした効果を感じます。