CT検査は癌の原因になります。

朝日新聞の記事より抜粋


健康を大切にする方は最後までお目通しください。

平成19年12月14日 朝刊から抜粋したものと、下段には慶応大学講師『近藤 誠先生』発表の情報が書かれています。

米国でこれから発病するガンの2%が、コンピューター断層撮影(CT)検査に伴う放射線被曝が原因で起こる恐れが有ると、米コロンビア大の研究チームが米医学誌に発表した。

X線で身体を輪切り(毎秒64回)にして小さな病巣も見つけるCT検査は、米国や日本で普及している。

だが、被曝線量が胸部X線検査の10〜100倍(最近は200倍になると情報あり)有り、健康に悪影響を及ぼしかねないとの懸念も根強い。

チームは米国のCT検査の被曝線量と日本の原爆被爆者の追跡調査をもとに、現在のCT検査が今後のガンの発生にどう拘わるかを分析。

20年ほど先には、1.5〜2%のガンがCT検査が原因で起こると推定した。

CT検査の必要性は認めつつも、チームは「検査の三分の一は医学的な必要性が不確かだと言っている。

放射線への感受性が強く、余命が長い子供の検査や、症状がない大人の検査にCTを使うのは控えるべきだ」と言う。
(ワシントン=勝田敏彦)


さて、ここでは紙面の関係で詳細が書けませんが、知って得する情報をほんの少々書いておきます。

近藤 誠先生は、CT検査の副作用について長年研究して来たらしく、実に詳しく関係各方面に発表されております。

皆様が知っておいた方がいい事の一つは、X線被曝の副作用です。

例えば、誰かが胸部を一回CT検査した場合、単なるX線検査の200倍以上被曝するそうです。

そして、日本には世界の三分の一に当たるCT検査機が普及していて、毎日沢山の人達が検査を受けているため、被曝者数は世界一だそうです。

そんな関係でしょうか。
今日では肺がん患者が増加の一途を辿り、死因のトップに躍り出てしまいました。

タバコも飲まないのに肺ガンになる方が大変目立ちますが、根本原因がこの辺にあるのではないでしょうか。

近藤先生は、診断を受ける患者や家族に知識がなさすぎると言っておりますが、患者に偽り情報を流している病院側も悪いのです。

ある医師は、胸部のCT検査を受けても、一回アメリカまで飛行機で往復したくらいの被曝だから、副作用を心配する必要はないと言って、患者を完全に騙して営業していますから、これからも沢山の被害者が出ることになります。

尚、近藤先生は、「ガンになりたくなかったらCT検査を受けるな」の新刊本を出版しております。

参考迄に読んでみてください。