末期癌から生還するには最先端免疫療法

全身転移の末期でも諦めないでください。


ようこそ!!

   【ガン 消し方】 【闘い方】

詳しくは、私どもで販売しているレポートに書いてございますので、是非読んでいただきたいと思います。

始めに、医学が行う治療法の紹介です。

ガンによって違うらしいので、素人の私がお勧めできるものではありませんが、色々あることだけでも判って頂く事が大事だと思いますので書いておきます。

1.ペプチドワクチン療法。
2.陽子線治療。
3.FU肝動脈注入化学療法。
4.重粒子線同時併用療法。
5.ハイパーサーミア―ガン温熱療法。
6.集束超音波焼灼療法。
7.自律神経免疫療法。
8.自家ガンワクチン療法。
9.活性化自己リンパ球療法。
10.サイバーナイフ治療。
11.無痛ラジオ波焼灼療法。
12.放射性小線源治療。
13.ホルモン療法。
14.密封小線源療法。
15.高密度焦点式超音波療法。
16.骨髄移植。
17.臍帯血移植。
18.在宅化学療法。
以上の外にもいろいろあり、ガンの治療法はかなり進歩してまいりましたので、その後も再発なしで過ごしている方は沢山おります。

しかし、その中でも一部の方は再発で命を落としておりますから、医学だけに頼る健康法は間違いなのです。

もし、末期がんになった場合、無視していけないものは免疫療法ではないでしょうか。

東京に末期ガン生還率「85%」のクリニックが、30年以上前からあるのですが皆様はご存知でしょうか。

信じられない生還率だと思いますが、本当に皆様が次々と生還しているのです。

たとえ信じられても、遠方から通うのは大変ですから、

そんな時は在宅で出来る「究極療法」を取り入れてみて下さい。

ところで、太田市には県立東毛癌センターがございまして、設備の近代化が行われ最先端のペット検査まで出来るらしいのです。

そのため、周辺各地から大勢の患者さんが訪れ、

皆様が最先端医療をお受けになっているようですが、

末期癌からの生還者はほとんど0らしいです。

さすがの専門病院でも末期ガンを治すのは難しい事なんですね。


親戚の「関 成宣」も医学盲信者であったため、胃癌の末期で県立癌センターに入院しました。

その時、病院は胃の全摘出手術後、抗癌剤治療を行うだけであったため、

短期間で最悪状態になり平成15年12月13日に亡くなってしまいました。

医学は、「何時になったらガンの治し方が完成するのでしょうか。」

※国は政策転換する気がないようですから、

今後も半永久的に末期からの生還者が出ない事でしょう。

そんな状況なのにお金持ちは、主治医に対しどんなに高い薬でもいいから良く効く薬を使って下さい。とお願いするようです。

実際、○○市の大谷さんは新薬に期待をかけ、おおよそ1000万近く病院に払ったそうです。

それでも進行が止められず、最後はホスピスに入り亡くなってしまいました。

最先端医療の場合は、そういった結果になりやすいので、

患者さんは視野を広げてみる必要が有ると思います。


これからさらに強力な抗癌剤が開発されても、結果は変わりませんから、

末期からの生還希望者は直ぐに免疫療法に切り替えるべきです。

そして、お金に余裕が有る方は、始めから●●ICクリニックにお世話になるもよし、

また、民間の高度究極療法を行うのもいいでしょう。

どちらも、有名病院の名医にお世話になるより遥かに有利になるはずです。

そして、料金も最先端の重粒子線治療等に比べれば遥かに安いものです。

だから、末期ガンの方は「免疫療法」で生還を目指しましょう。


その後は、高免疫力状態を維持すればいいのです。



出来るだけ下記の事を取り上げてみてください。

●免疫高揚食品で免疫力を常に上げておく事。「ミネラル摂取」

●癌細胞を死滅させられる血液にしておく事。「胸腺の機能強化」

●常に、余分な活性酸素がないようにしておく事。「高圧電子療法」

●癌細胞が生まれないようにデボノ合成核酸を減らす事。「核酸を多めに摂取」

●良きヘルスアドバイサーに縁を持つ事。


以上の基本を無視しない事が大切ですが、全部を実践しなければならないという意味ではありません。


なお、余談になりますが、間もなく年間43万人がガンで亡くなると予測されています。

その為、弊社への相談者は今後さらに増えるものと思われますが、今後どんなに相談件数が増えても対応できますから、遠慮なく相談メールをどしどし送ってください。

【参考までに】
生還したい方は、右のメニューにある「癌の最先端免疫療法」・「治療のプロ企業」・別サイト「末期癌から生還出来る」・船瀬俊介さんの著書「抗癌剤で殺される」等を読んでみてください。

さらに詳細を知りたい方は、お気軽にお問い合わせください。