過去の常識を覆す放射線論文の発表 「稲 博士」

福島原発からの放射性物質飛散は健康に良い。




3月11日に発生した
東北地方を中心とした大地震
(東日本大地震)で亡くなられた方々の
ご冥福を心からお祈り申し上げますと共に、
被災された皆様やご家族の方々に対し、
お見舞い申し上げます。

尚、
一日も早く震災から復興されますよう、
私も収入の一部を義援金として
毎月寄付させて頂いております。

外に、
弊社販売の「核酸Cゴールド」は
一個当たり50円が寄付されております。

植物性ミネラル
「アルティメット ソリュウジョン」は、
一本当たり100円が義援金として
日本赤十字に納められております。

それから福島原発基地周辺で、
放射能被害に会われた
皆様にお知らせしたいと思い、
新情報をここに書かせていただきました。

只今、福島原発周辺においては、
放射性ヨウ素131や
セシウム137の線量測定値が
国際暫定基準値以上のため、
半径30キロ以内は
避難地域に指定されておりますが、
実際には放射線を直接浴びない
距離にいるのであれば、
左程怖がる必要が無いもので、
かえって健康維持増進上役立つらしいのです。

その事に付いて
力説している方は「稲 博士」です。

只今、
各地で毎日のように
講演会を開いておりますから、
お近くでしたら参加してみて下さい。

また、
インターネットでも
詳細が判るようになっておりますので、
興味がある方にはお教えいたしますから、
弊社にお問合せください。

ところで、
稲 博士のおっしゃる通り、
いずれ日本を始め世界の国々が、
放射性物質の危険数値を
見直しするのではないかと思います。

しかし、
何十年も前から定められた数値ですから、
かりに変更発表が有ったとしても、
一般大衆に理解されるのは
何十年後になるかもしれません。

その間、
多くの国民が放射能を
気にしながら生活しますので、
特に漁業や農業関係者は
風評被害に合い大変だと思います。

大損害については、
東電や国が補填してくれようが、
自然の暮らしに勝るものがありませんから、
今回のような事故は二度と
起こらないようにして頂きたいものです。

そして、日本経済発展のためにも、
一日も早く震災被災地を
復興させなくてはなりませんから、
皆が稲博士の研究結果と提唱を信用し
活動される事が一番いいと思いますので、
参考までに、
稲博士のHPをご覧になって
頂きたいと思います。