肝臓ガン の 根本療法 : ガンは怖い病気ではない 

肝臓病は血液病と言われています。

















上の画像は、
「ボデイプロTEN」です。

一カプセルで免疫力を
2.6倍上げられると言われています。

癌から生還したい方は、
メニュー「末期癌 治し方」を
読んでみてください。

癌の治療法は色々有ります。

アメリカのある医師は、
液体ゼオライト「純度100%」を
肝臓ガン腫瘍に注入して治しているそうです。

4p以内の腫瘍なら
48時間で消えるそうですから凄い事ですよね。

日本の場合は
水で薄めたものしか輸入できませんから、
残念ながらアメリカ並みの結果を
出すことが出来ません。

それでも癌から生還したくて、
沢山飲んで治した方が全国におります。

ちなみにゼオライトは、
ガン細胞や重金属を吸着出来ると
言われていますから
飲んで無駄になるものではありません。

その昔、チェルノブイリ原発事故の際も、
汚染土壌浄化のために
ゼオライトが大量に利用されたらしいのです。

最近は
福島原発基地周辺の汚染土の浄化の為に
大量に使われたため
大分知名度が高くなって参りました。

なお、
医療用に開発されたものは純度100%ですが、
日本での輸入品は水で薄めてありますから、
当然飲む方法しか有りませんが、
血液に運ばれ肝臓腫瘍内に入りますと、
癌細胞を吸入し排泄してくれるらしいのです。

その為、
弊社も末期癌の方にお勧めすることがあります。


次に、読者の皆様にお尋ねします。

余命一ヶ月の癌患者の場合、

絶対助からないと思うのではないでしょうか。

ところが、
一部の病院は免疫療法やワクチン療法を行い、
末期患者を生還させているのです。

まだ保険適用外であるため、
患者の経済的負担が大きいのですが、
先端医療のお蔭で生還者が増えて来ております。

勿論、
従来からの西洋医学も無視できませんが、
末期の肝臓癌から生還したい場合は
免疫力を高揚できる療法を
主にした方がいいのです。、


ところで政府は、
早期発見で10年以内に
ガン死者を二割減らす事を目標にしていますが、
果たしてどんな結果になるでしょうか。

実は国民の多くが
今後も真剣に精密検査を受けそうもないのです。

だから、政府の思惑通りにならないでしょう。

本当に癌死者を減らしたかったら、
早期発見に力を入れるより、
免疫治療業者を優遇するとか、
免疫高揚力がある食品の普及に
力を入れるべきだと思います。

どなたか政治家たちに教えてあげて下さい。

免疫療法なら、
多くの末期ガン患者を救えるのです。

結果的には、
医療費が大幅に節約できますから、
健康保険税も安くなって
国民経済が豊かになると思います。

すでに、一部の進歩的な医師は、
免疫療法に力を入れておりますので、
最近は生還者が大分増えて来ております。

今後は更に免疫療法が盛んになりますから、
10年後には癌センターが暇になるでしょう。

末期の肝臓癌の皆様、
治療費負担が大変だと思いますが、
出来るだけ免疫療法で闘ってください。

ご希望の方には、
生還率85%の○○ICクリニックや
○○○○○病院をご紹介出来ますし、
究極療法もありますから、
末期癌になっていても諦めないでください。


言うまでもありませんが、
癌との闘いは命を掛けた闘いです。

勝つためには、
他人の言動に迷わされないようにし、
勝利できる方法で闘って行きましょう。