肝臓ガン の 根本療法 : ガンは怖い病気ではない 

日本一の免疫治療院を知りたくは有りませんか?


癌から生還したい方は、
メニュー最上「治療のプロ企業」や、
「専門医のリンパ球療法」も読んでみてください。

はじめに、右の写真に付いて説明します。

右は、アメリカで開発された液体ゼオライトです。

アメリカでは、ゼオライト「純度100%」を医師が肝臓ガン腫瘍に注入し、

4p以内の腫瘍なら48時間で消してくれるそうですが、

日本の場合は水で薄めたものしか輸入できませんから、

飲んで効果を期待する以外に方法がなく、そのものだけで末期肝臓ガンを治すことが出来ません。

それでも肝臓癌から生還された人が、全国に沢山おり静かなブームが続いております。

ちなみにゼオライトは、ガン細胞や重金属などの吸着力が有ると言われておりますが、

その昔、チェルノブイリ原発事故の際も、汚染土壌浄化のために大量に利用されたようであります。

最近は福島原発基地周辺の汚染土の洗浄に使われたようで、大分知名度が高くなって参りました。

なお、医療用に開発されたものは純度100%ですが、

日本での輸入品は水で薄めてありますから、当然飲む方法しかとれませんが、

血液に運ばれ肝臓癌腫瘍内に入りますと、
癌細胞を吸入し体外に排泄してくれるらしいのです。

その為、弊社では末期の肝臓癌にお勧めすることがあります。


次に、読者の皆様にお尋ねします。

余命一ヶ月の癌患者の場合、

何をやっても絶対助からないと思うのではないでしょうか。

すでに、一部の大病院でも免疫やワクチン療法を行い、

末期患者を生還させている所があるのですがご存知でしたか。

まだ保険適用外で患者の負担が大きいため、

誰でも利用できるものではありませんが、全国的に生還者が増えて参りました。

勿論、従来からの西洋医学も無視できませんが、

末期の肝臓癌から生還したい場合は免疫療法を主にし、
西洋医学を二の次にされた方がいいと思います。



ところで政府は、早期発見で10年以内にガン死者を二割減らすことを考えているようです。

ところが、国民の多くが今後も真剣に定期検査を受けそうもないのですから、

政府の思惑通りにガン死亡率を減らすことは出来ないでしょう。

まずは、早期発見に力を入れるより、免疫治療の促進政策をとり、

免疫療法病院を増やした方が得策になりますから、

どなたか政治家たちに教えてあげて下さい。


【免疫療法なら、多くの末期ガン患者が救えるし、医療費が大きく節約できるはずです】


すでに、一部の進歩的な医師は取り入れておりますので、最近は生還者が大分増えて参りました。

今後は更に免疫療法が盛んになり、近い将来、多くの癌センターが暇になる事でしょう。

末期の肝臓癌の皆様、医療費負担が大変だと思いますが、

事情が許す方は出来るだけ免疫療法で闘ってください。

ご希望の方には、生還率85%の○○ICクリニックや○○○○○病院をご紹介いたします。


言うまでもありませんが、癌との闘いは命を掛けた闘いです。

勝つためには自ら作戦を立て、

他人の言動に迷わされないようにする事です。

しっかりした情報を入手し、勝利できる方法で闘って行きましょう。