パーキンソン氏病

脳神経細胞を活性化させましょう。

パーキンソン病。

全国に患者が14万人以上いて、
年々僅かずつ増えつづけています。


根本的な原因は、

中脳にある黒質の神経伝達細胞が死に至り、

または機能低下を起こしたために

ド-パミンの分泌量が減った為だそうです。


病気の特徴としては比較的進行が遅く、

数年間は苦痛が少なく薬の力でやや平静が保てますが、

その間も脳神経細胞の退化が進んでいるため、

次第に全身の動きが鈍くなって参ります。


中には、発病数年で寝たきりになり廃人同様になる人がおりますが、

現在は薬のお蔭で比較的長生きできるようになっております。


但し、生涯にわたって体調不良が続きますから、

楽しい人生と言えなくなってしまいます。


この病気の初期症状は、

一部に震えが現れる程度で日常生活に影響しませんが、

数年後には歩行困難になり運が悪いと寝たきり生活になります。


今後も医学では治せませんから、

パーキンソン病と告知された方は、

いま直ぐに弊社お奨めのサプリを飲むようにいたしましょう。

重度でも、効果は一ヶ月未満で判ります。

更に続けると、
必要量のドーパミンが分泌されるようになり治るのです。


ところが医学の場合は、
対症療法であるため絶対に完治する事はありません。


医者がなんと言おうと、

パーキンソン病は未だに難病扱いになっておりますから、

いくら薬を飲んでも治らない病気なんです。


薬で進行が止まっているように見えても、

実際には進行しているようですから安心しない方がいいでしょう。


弊社の究極療法なら、

一ヶ月くらいでかなり回復しますから、

出来る方は取り入れてください。

また、余りお金を掛けたくない方は、

お奨めの脳活サプリだけでも回復しますから、

どちらか好きな方を選んで改善させましょう。


その後も継続すれば、

完治したと思える日が参りますから頑張ってみてください。

まずは出来る範囲で下記の方法を取り入れてみて下さい。

中でも一番のお奨めは方法1.です。

これだけでも回復は確実です。

少ないご予算で回復させたい方にお奨め致します。

方法1.の資料が欲しい方は請求してください。



方法1.脳神経細胞をサプリで復活させる。

方法2.核酸で細胞の新陳代謝を活発にさせる。

方法3.ハーブエキスを併用する。

方法4.高圧電位治療器を併用する。

                 以上



※ 下記は、参考までに読んでみてください。

若年性パーキンソン病が発症する仕組みの一端を、

東京都臨床医学総合研究所と順天堂大の研究チームが解明しました。


特定の二つの遺伝子が変異すると、

神経細胞内で異常なミトコンドリアが増え、

神経細胞が減る事で発症すると発表。


若年性パーキンソン病は、

「ピンク1」と「パーキン」と呼ばれる遺伝子が変異して発症する事が知られているが、

その働きや発症の仕組みはよくわかっていなかった。


研究チームは、

ピンク1は神経細胞内のミトコンドリアに異常がないか監視して、

パーキンは異常なミトコンドリアを除去して品質管理の役割をしていることを突き止めた。

一方、遺伝子が変異してこの機能が働かなくなると、

異常なミトコンドリアが神経細胞の中に蓄積してしまい病気が発症していた。


パーキンソン病は、

神経伝達物質のドーパミンが減る病気で、

手足の震えやこわばりなどの症状が出る。


国内の患者は約14万人おり、

そのうち40歳以下で発症する若年性が一割を占める。

この結果は、19日発売の米科学誌「ジャーナル・オブ・セル・バイオロジー」で発表する。


東京大学付属病院の辻省次教授(神経内科)は、

「パーキンソン病が発症する本質的な流れがわかる研究だ。


ミトコンドリアの機能の異常を改める事ができるのかが、

今後の研究の焦点になる」と話す。


以上の情報がヒントになり、

薬が造りやすくなっているのですが、

今の製薬技術では脳関門を通過させる薬を造れませんから、

これからも難病指定が解除されることはないでしょう。

読者の皆様に申し上げます。

パーキンソン病を治したい方は、

弊社の民間療法を取り入れましょう。


中でも究極療法は、最高の体質改善法です。

1.弱アルカリ性血液にします。

2.SOD酵素を増やせます。

3.動脈硬化の改善ができます。

4.細胞の新陳代謝を活発にし、
 全身を若返らせる事ができます。


だから、今後は健康で長生きする人が増えるのです。