パーキンソン病

脳神経細胞を活性化させましょう。








上の画像は、「核酸Cゴールド」です。

脳神経細胞の新陳代謝に欠かせない
高純度RNAが
高濃度で配合されています。


パーキンソン病。

厚労省発表によると、
現在の患者数は35万人以上。

潜在患者を含めると
100万人以上になるそうです。

この病気は、

中脳にある黒質の神経伝達細胞が

老化または壊死したために

ドーパミンの分泌量が低下し

発症する病気だと言われています。

初期症状として
何処かに振るえが現れますが、

日常生活に大きく影響しませんので、
多くの人が病院に行くことはありません。

その後、何年か経過すると
歩行中に足運びが前と違うとか、

手足に力が入らない等の
自覚症状を感じるようになるため
病院に行って見ようになるのです。

そんな時に診察を受けると、
パーキンソン病かも知れないから、
検査してみましょう。と言われます。

その中には、
パーキンソン病ではない方が
いるようですが、

一部の方は、
パーキンソン病です。
と告知されてしまいます。

この病は、
現代医学で治せませんから
みんなショック受けますが、

幸いにして今は進行速度を
遅らせる薬があるため、

10年以上延命されている方が
増えて来ております。

時には、
発病数年で寝たきりになり、

何から何まで家族の世話に
なる方がおりますから、

何処かに振るえ症状が現れた時は
早めに受診された方がいいでしょう。

特に、
若年性パーキンソン病の場合は、

寿命が来るまでにそうとう悪化し、
廃人同様になってしまう事がありますから、

病名を告知された時は
一日も早く究極療法を行ないましょう。


医学に任せた場合は、
いずれ姿勢が前こごみ状態になり、
手足の力が抜けてしまい、
歩行は勿論のこと車の運転も
難くなってしまいます。

さらに加齢と共に進行します。

当然、運動不足になるため、
比較的早くから骨疎しょう症にもなります。


ご存知の通り、
パーキンソン病は
現代医学では治せませんから、

何処かに振るえが出た時は
弊社お奨めの究極療法を
行いましょう。


たとえ軽症でも、
重度のパーキンソン病であっても、

究極療法なら脳神経細胞が活性化し、
ドーパミンが分泌されるようになり、
症状が改善されて行くのです。

その後も
薄皮を剝がすかのように回復が進み、

一年もするとこんなにも良くなった
と思えるようになるのです。

まずは、
三ヶ月間お試しになってみてください。

改善ご希望の方には、
出張にて説明させていただきます。


尚、パーキンソン病を改善する場合、
下記のような方法が有ります。

「方法1.」 
米国製サプリで脳神経細胞を復活させる。

「方法2.」 
高純度核酸+高圧電位治療器。

「方法3.」その外の補助食品の併用。

※現在、「方法1.」
に叶うものはありませんが、
出来るだけ外の物も
併用するようにしましょう。


「方法1.」
の月間費用は、12,000円×2箱。
           又は、×3箱。

※ 良くなってきたら
カプセル数を減らしても大丈夫です。

下の第二部に続く
↓  ↓  ↓


パーキンソン病 二部

パーキンソン病の原因は解明されました。

















上記画像は、
米国製「ボディ プロ TEN」。
一カプセル中:60%がミトコンドリア。


下記は、朝日新聞に掲載されていた情報です。

パーキンソン病が
発症する仕組みの一端を、
東京都臨床医学総合研究所と

順天堂大の研究チームが解明し
下記のように発表しました。

特定の二つの遺伝子が変異すると、
脳神経細胞内に異常とみられる
ミトコンドリアが増え、

脳神経細胞が減るため
パーキンソン病が発症する。

今までパーキンソン病は、
「ピンク1」と「パーキン」
と呼ばれる遺伝子が変異して
発症する事が知られていたが、

その働きや発症の仕組みは
良く解っていなかった。

さらに、
研究チームは下記のように発表しました。

ピンク1は
神経細胞内のミトコンドリアに
異常がないか監視し、

パーキンは異常なミトコンドリアを除去して
品質管理の役割をしていることが
突き止められたと発表。

尚、
遺伝子が変異してこの機能が働かなくなると、
異常なミトコンドリアが神経細胞の中に
蓄積してしまい病気が発症していた。


さらに、パーキンソン病は、
神経伝達物質のドーパミンが減る病気で、

手足の震えやこわばりなどの症状が出る。
と付け加えてありました。


厚労省発表によると
現在の患者数は35万人以上。

そのうち40歳以下で発症する若年性が
一割を占める。

以上の研究結果は、
19日発売の米科学誌
「ジャーナル・オブ・セル・バイオロジー」
で発表する。でした。

東京大学付属病院(神経内科)の
「辻 省次」教授は、

パーキンソン病が発症する
本質的な流れがわかる研究だ。
と言われたそうです。


そして、
ミトコンドリア機能の異常を
改める事ができるのかが、
今後の研究の焦点になると話されたようです。


ここで読者の皆様に申し上げます。

米国製の特許取得食品○○○は、
一カプセル中の60%が
ミトコンドリアなんです。

だから、
一カプセルで免疫力が2.6倍も
上がることがあるのです。

お試しになってみてください。

○○○なら、
脳神経細胞内に良質なミトコンドリアを
正常量まで増やす事が出来ます。

ちなみに、
全細胞内に良質なミトコンドリアが増えると、
悪玉活性酸素が発生しなくなり
自然治癒力も高まるのだそうです。


○○○の詳細資料は無料です。
資料が欲しい方はご請求ください。